デザインしたいイメージを掲示する

最初はシンプルなデザインに挑戦してみましょう

街中では、商品や企業のイメージできるイラスト等が印刷された紙袋を持っている人たちをよく見かけます。そうした紙袋は宣伝効果もあるため、商品を渡す際に利用している店舗は少なくありません。中には店舗が小さいと専用の紙袋を制作することは困難と考えている方もいますが、制作自体は小ロットからでも依頼可能なので安心してください。

制作方法は何通りかありますが、比較的簡単なのは無地の紙袋にデザインしたイラストや文字を印刷してもらう手法でしょう。印刷する面積が大きくなるほど、コストがかかるだけでなくデザインも難しくなってきます。初心者なら、ワンポイントのデザインが比較的簡単です。シンプルに、企業のロゴとホームページアドレスだけを印刷している紙袋も沢山あります。例えば、店で使っている看板のデザインを応用して印刷するというのも一つの手です。

候補となるデザインを複数作成して決めましょう

紙袋に印刷してもらう場合、単色カラーとフルカラーで料金が変わってくるので注意が必要です。安く手軽に試したいのなら、単色カラーでの印刷をお勧めします。単色といっても、土台となる紙袋の色に合わせたインクを選んで目立つデザインに仕上げることも不可能ではありません。大型店舗を持つ企業でも、意外と単色カラーで印刷した紙袋を使っているところは沢山あります。この単色カラーは、ロゴや企業の名前をシンプルに印刷したいときに向いている方法です。逆に企業のイメージをカラフルなイラストで表現したいときは、フルカラーを選びましょう。

まず、第三者に作成した複数のデザインを見てもらい、どれが企業をイメージしやすいか意見をもらうと安心です。単色カラーとフルカラーで迷ったときは、依頼する印刷屋にデザインをいくつか見せて見積もりを作成してもらいます。コスト面と客観的な意見を考慮した上で、デザインを選ぶことが大切です。

© Copyright Paper Bags Are Used. All Rights Reserved.